PREEvision SOA and Ethernet モデリング | 2日

対象者
  • PREEvision ユーザー
ゴール
  • PREEvisionによるService Oriented Architecture(SOA) およびEthernetのモデリングの基本操作の習得
受講の目安
PREEvision Function Designerベーシックを受講していること。
車載Ethernetに関しての基本知識をお持ちであるかEthernetベーシック・トレーニング・コースを受講していること。
以下の経験または知識を持っていること:
  • 自動車システムまたはコンポーネントの開発経験
  • AUTOSARに関する知識
コース概要
  • 日程: 2日
  • 時間: 10:00 - 17:30
  • 会場: ベクター・ジャパン 東京本社または名古屋支社
  • 定員: 6名

詳細
本コースは、PREEvisionの基本操作の知識がある方を対象としており、PREEvision Function Designerベーシックを受講していることが前提となります。    
本トレーニングでは、PREEvisionを使用してAUTOSARモデルに対応するEthernetアーキテクチャーのモデリングを行う方法を、実際にPCを操作しながら実習形式で学べます。モデリングに必要なEthernet関連の要素に関して解説を行います。トレーニングで使用する資料およびスライドは英語です。
コースにおける説明・実習内容の概要
  1. イントロダクション
  2.  Serviceの設計
  3. ネットワーク・トポロジーの定義
  4. VLANおよびMAC(OSI Layer 2)
  5. ECU Communication Specification (OSI Layer 3..7)
  6. Service の配置
  7. Ethernet Socket Adapter
  8. Switchコンフィギュレーション
  9. Service Discovery
  10. Ethernet Socket Adapter
注) 講義内容は予告なく変更することがあります
このページはお役に立ちましたか?
E-Mail:

コメント