PREEvision AUTOSAR Ethernet通信設計 | 2日

対象者
  • PREEvisionビギナーユーザー
ゴール
  • PREEvisionによるAUTOSARベースEthernet通信設計のための基本操作の習得
受講の目安

Windows PCの基本的操作ができること。
車載Ethernetに関する基本知識をお持ちであるか、Ethernetベーシックコースを受講済みであること。

以下の経験または知識を持っていること:

  • 自動車システムまたはコンポーネントの開発経験
  • AUTOSAR(特にアプリケーションソフトウェア層)に関する基本的な知識
コース概要
  • 日程: 2日
  • 時間: 10:00 - 17:30
  • 会場: ベクター・ジャパン 東京本社または名古屋支社
  • 定員: 6名

詳細

PREEvisionは自動車のE/E(電気/電子)システムのアーキテクチャーに関する要求定義、設計、最適化を支援するツールです。本トレーニングでは、ツールを使用する上での基礎知識とツールの持つ様々な機能について、実際にPCを操作しながら実習形式で学べます。

本コースでは、PREEvisionがサポートする設計階層の内、AUTOSARベースの車載Ethernet通信設計に必要な階層(ソフトウェアアーキテクチャー、ネットワーク・トポロジー、通信)を主に扱います。その他の設計階層については概要を紹介します。トレーニングで使用する資料およびスライドは英語表記です。

コースにおける説明・実習内容の概要
  1. イントロダクション
  2. AUTOSAR通信設計 概要
  3. サービス指向アーキテクチャー
  4. サービスの設計
  5. ネットワーク・トポロジーの定義
  6. VLANおよびMAC(OSIレイヤー2)
  7. ECU通信仕様(OSIレイヤー3~7)
  8. サービスの配置
  9. Ethernetソケット・アダプタ
  10. スイッチ・コンフィギュレーション
  11. サービス・ディスカバリ
注) 講義内容は予告なく変更することがあります